だしというのは料理をする上ではとても重要な役割を果たしています。一般的な人々の身近で使われているものといえば味噌汁です。味噌汁に加えることによってより一層旨みを引き出すことができます。また今ではだしの素と言われるもので快適に料理を作れるようにもなっています。またこの素は蒸し鍋の味付けに使うこともできます。それ以外にも味ご飯を作る時にこれを加えるだけで簡単に調理をすることができます。またこれ以外にもたくさんの料理で使われています。そして今現在注目を浴びているのがラーメンなどの麺類のスープです。ラーメンなどの麺類はそれぞれの味付けがあるのですが、それに合わせて作らなければなりません。また麺に合わせてその濃さや薄さを調節しなければなりません。なのでラーメンを作ることによってだしの使い方がうまいかどうかもわかります。

料理の基本はだしをとることから

料理にとって一番大切なのは、味の深みを出してくれるだしです。いろんな国の料理がありますが、日本の和食にとっては特に大切になってきます。だしといってもいろんな種類があります。昆布でとれるのは、グルタミン酸というアミノ酸の一種で料理にうまみを与えてくれる味です。その他にも、豚肉や魚などからでるイノシン酸も料理には欠かせない隠し味です。料理は、野菜などの素材の味も大切ですが、その素材の味を引き立てる上でも大切なのが隠し味です。今では、化学調味料などといって、合成された隠し味もありますが、身体にとってあまり良くないことでも知られています。料理は、手間暇かけたほうがより美味しいものができると言われています。一から深みのある美味しい料理を家族に提供することも愛情が伝わりやすくなります。ひと手間かけた料理を試してみてはいかがでしょうか。

だしのよさは旨みだけでなく減塩にも効果的

だしにも和風や洋風、中華と色ありますが、天然の素材から旨みを引き出したものがだしです。昆布を水に浸して数時間おき、鰹節で丁寧にとったものは本当に美味しい滋味溢れる深い味わいがあります。最近は粉末になった便利なものが簡単に手に入りますが、ぜひ自分でだしをとったことがない方は挑戦してみてください。例えば産地によっていりこの種類は異なり、違った味わいが楽しめます。素材にこだわればこだわるほど奥が深く、美味しさを追求してみたくなります。味のよさだけではありません。例えば高血圧や腎臓病などの病気で減塩食が指導された時、塩分を減らした食事はなれるまで味気なく感じてしまうようです。そんな時の大きな味方は旨みです。香りのよさや深い味わいは減塩であっても食生活の豊かさを感じさせてくれます。子供にもぜひ伝えていきたい日本の味ですね。

うまだしは、選りすぐりの国産原料(鹿児島枕崎産の鰹本枯れ節、鹿児島産の枯れ鯖節、熊本産のうるめ鰯、長崎産の焼あご、北海道産の利尻昆布、宮崎産の椎茸)を使用した旨みたっぷりの和風万能だしです。 一度使うと手放せなくなると大変ご好評いただいています。 初回限定うまだし30包1,800円(税込)送料無料です。 だしで一番のやまやのうまだし